管理栄養士ガイド ホーム   管理栄養士になるには   管理栄養士への具体的な進路

管理栄養士への具体的な進路

管理栄養士になるには、実際にどのような進路を歩むことになるのでしょうか?

栄養士に比べ、管理栄養士の取得は、難易度が高いものとなっています。

一般的には、4年制大学へ進学し『管理栄養士養成コース』を履修します。卒業と同時に、管理栄養士の国家試験の受験資格が与えられ、国家試験への受験資格が与えられます。

また次の履修では、年単位での実務経験が必要とされるため、注意が必要です。4年制大学の栄養士養成コースの場合1年間、3年制の短大や専門学校の場合2年間、2年制の短大や専門学校場合3年間。 実務経験の年数が、上記条件を満たしていない場合、栄養士の資格保有者であっても、受験資格を得ることができません。

学校を卒業し、実務と試験勉強を行った場合、両立は、非常に難しいといわれています。このためまず、試験合格に向け、勉強時間を多くとることが可能な4年制大学への進学が望ましいと考えます。

学費の関係上、短期大学もしくは、専門学校にしか進学できない状況であれば、無利子で借り入れ可能な奨学金も検討してください。1年間約100万円借りたとすると、2年間で200万円となります。

200万円は、大金ではありますが、栄養士と栄養管理士の収入を比較した場合、就職率もあがることから、借り入れしても4年間で、資格取得に励んだほうが、得策です。

日本では、高校卒業以降の進路について、国の体制があまり整っていないことから、高額の学費が必要となります。このことから、学費の負担を減らす体制ができることが望ましいものですね。

管理栄養士になるには

 
ページのトップへ